ロフトへのタラップを鉄骨階段に交換する方法

例えば、入居寸前で「やっぱりロフトに上がるのはタラップでは嫌だ・・」とお嘆きではありませんか?タラップは省スペースなので最初は良いと思っていも、実際に使ってみると足の裏が痛かったり、物を持って上がるのが不安定だったりと不便を感じるケースがあります。そこでタラップを鉄骨階段に交換するにはどうすればよいか?どんな階段なら施工できるでしょうか?

ココを乗り越えればタラップから階段にできる

入居直前となると室内は「完成」しています。

ロフトに上がるために設置されたタラップを、後から鉄骨階段に交換するためには、いくつかクリアすべき課題があります。

【搬入ルートが確保できるか】
すでに壁面や床も仕上がっているため、階段を重機で吊り下ろす等の作業ができないので、搬入路が玄関やサッシなどに限定されます。(外部階段なら全く問題ないのですが・・)

【養生への相互理解と協力】
小さな設備ならともかく、鉄骨階段ぐらいの大きな設備を入居後(寸前)に室内に入れようとすると、搬入時に壁や床を傷つけてしまう可能性があります。できうる限りの養生策や、タッチアップ補修を念頭に入れておく必要があります。

他にも現場によっては課題があるかもしれませんが、この2つの課題を乗り越えれば室内階段への交換工事は一歩前進します。

階段を「バラバラ」で持ち込み、室内で組み立てる

搬入ルートが確保できても「完成体」で搬入できない場合は、階段をバラバラにして現地で組み立てる方法があります。

通常であれば、工場で製作した鉄骨階段を重機を使って据え付けるのがオーソドックスな工法といえますが、建物(室内)完成後となると、搬入経路に合わせて小さく小分けにした階段を作る必要があります。

今回の現場でも「完成体」での搬入が厳しかったので、以下のように工事しました。

工場で製作した鉄骨階段を、まるでプラモデルのようにバラバラにパーツ分けして、室内に搬入します。「ノックダウン型」とも呼ばれる構造です。

階段のササラ桁や梁受け金物、手摺など、全てをパーツ化して塗装も事前に施して現場に搬入します。また、現場では溶接はもちろん使えませんからボルト固定式で行います。

ジョイントをボルトで組めば鉄骨階段の完成!

ササラ桁(階段の両サイドの鉄骨)は長さが4M近くになるために、どうしても1本では室内に持ち込めませんでした。

そこでササラ桁を2分割してジョイント部(継ぎ目)を設けて、部屋の中でボルト固定しました。この要領で手すり、梁受金物、段板受けパーツなどをすべて現地でプラモデルのように組み立てていけば完成。無事にタラップから鉄骨階段への交換ができました!

段板の木材は大工さんにお願いして、下からビスで固定してもらいました。

「これで安心してロフトに上がり降りできる」とオーナー様にもご満足いただけました。

なかなか条件の細かい工事となってしまうのですが、そこはオーダー製作だから達成できること。もちろん入居してしばらく経った後でも、前述の課題をクリアできれば「タラップから鉄骨階段への変更」は可能です。

また、広い搬入経路が確保できるケースでは、軽量のスケルトン階段の施工も可能です。お気軽にご相談ください。

写真の鉄骨階段は「スケルトン階段」とも言われます。文字通り「骨組みだけの鉄骨階段」です。 この階段を構成する鋼材は丸鋼やフラッ...