室内手摺で人気の鋼材、人気の塗装方法に関するお話

室内手摺で人気の鋼材は、ずばりフラットバー

私たち鉄工所が製作するオーダーメイド手摺で人気の仕様についてお話します。まずは鋼材について。特に人気のタイプがフラットバー鋼材で作る手摺です。

フラットバーはパイプのように中が空洞ではなく、加工性にも優れた圧延鋼材です。見た目が細くフラットに見えるので強度を持ちながらも華奢な見栄えになるのがメリット。

スタンダードな組合せは厚さ9mmのフラットバーが支柱と笠木(一番上の横桟)、中桟(笠木から下の横ライン)を厚さ6mmのフラットバーにした手摺。写真の手摺もこの組合せで製作しています。

華奢で無機質ながら存在感もあり、室内がぐぐっとオシャレになります。

室内手摺の人気の塗装は、ずばり焼付塗装

塗装は焼付塗装が人気です。焼付塗装は通常のハケなどで塗る塗装とは異なり、専門の工場内で塗装をするのです。スプレーガンで塗料を吹付けて、高温の専用の釜(100度以上!)の中に入れて塗料を「焼き付けて」いきます。

皮膜が均一に仕上がり、質感は車のボディのような感じをイメージしてください。ちょっと脱線しますが、焼付け塗装は通常の塗装と異なり皮膜が薄いので、鋼材の表面の凸凹をそのままトレースしてしいます。このことからフラットバーで手摺を作るときは磨き材を使用します。

焼付け塗装には「メラミン系」「ウレタン系」などがあり、用途に合わせて塗装されますが屋内で利用する分には納期もコストも比較的安価なメラミン系焼付けが選択されることが多いです。

また、焼付け塗装には「ツヤ」という基準があります。希釈率によって光沢を程度の決められるのですが、私たちがオススメするのは「半ツヤ」です。

「ツヤ無し」は文字通りツヤがなく、マットな仕上がりです。手摺として使う場合、例えば白色にすると手垢がつきやすくなります。「ツヤ有り」は光沢が強い仕上がりです。ちょっとプラスチックな印象と受け取る人もいます。

「半ツヤ」は両方の合いの子で、適度な光沢感と手垢も目立たず、手摺としての用途に合っています。

また、調色も可能です。日塗工のカラーサンプルを基準に選べる(完全一致はしない)のですが、調色するために納期と費用がかかります。ソリッドカラーと呼ばれる、工場に在庫している使用頻度の高い色(白・黒など)ならば納期や費用も安くなります。※白も黒も厳密には色番号がありますが「白でお任せ!」という感じでご依頼をいただければソリッドカラーで対応できます。

とはいえ、オリジナル製品は組合せ自由自在

金属で製作するオリジナル手摺はオーダーメイド金物の代名詞になるような製品です。今回は室内の手摺を製作するにあたり、人気鋼材のフラットバー、人気塗装の焼付塗装をご紹介しましたが、それぞれ用途に合わせて対応できますので、使用する鋼材や仕上げ方法もお気軽にご相談ください。

本当はもっと他の鋼材の話や塗装についてもお話したかったのですが・・長くなってしまうので、このページではここまで!