これが本物の鉄骨スカイデッキ工事です

インターネットを通じてご注文をいただきました。鉄骨製の完全オーダーのスカイデッキ工事です。スカイデッキといえばウッドデッキや、アルミフレームが思い出されますが、今回のスカイデッキは「鉄骨スカイデッキ(展望台)」です。

「自宅の駐車場の上に、鉄骨のスカイデッキを作りたい」とご相談をいただきました。さっそく現地にお打合せに伺い、製品のイメージやご希望をヒアリングします。

既存の駐車場スペースをそのまま覆えるほどの大きなスカイデッキがご希望でした。当社が請け負う鉄骨工事の中でも「大物」。気合いが入ります。

スカイデッキを設計するため現地計測

見晴らしの良い敷地に建てられた立派な建物。ここにガレージ兼展望台としてスカイデッキを設置します。現状の駐車場スペースをそっくり覆えるほどの大きさになります。およそ50平米くらいになりそうです。

設計スタッフと施工スタッフで現地計測を行います。お客様のスカイデッキのイメージをスタッフ間でも共有します。

現状の車輛の停車位置を確認して、ドアが当たらない場所に柱がくるようにシミュレーションして、設計図を起こしていきます。

鉄骨スカイデッキの設計図を起こす

駐車場の敷地をできるだけカバーするように、鉄骨スカイデッキを設計していきます。数種類の平面図、立面図、矩計図を用意してお客様と打合せを重ねます。

設計図をもとに、鉄骨のカラーリングや目隠しパネル、さらに床材の選択も絞られてきます。いよいよスカイデッキの全貌が見えてきました。さて、工事を開始します!

鉄骨スカイデッキ工事 ~基礎工事編~

お使いの車輛のドアの開け閉めの邪魔にならない位置をめがけて、スカイデッキの鉄骨柱の位置を決めます。「ココに柱を建てますよ」という印になります。これを「墨だし」といいます。

既存タイルを撤去、掘削しながら柱の建つ位置にアンカーセットを埋設します。アンカーセットは、鉄骨構造物の根幹になる土台となるもので、地中に埋設されます。

この写真は、アンカーセットを埋設して基礎工事が完了した状態です。地中障害(埋設されているインフラ配管等)に注意しながら、柱のための基礎工事を慎重に進めていきます。

鉄骨スカイデッキ工事 ~鉄骨工事編~

いよいよ鉄骨工事のスタートです。自社工場で準備した鉄骨材を現地で組み立てていきます。

柱・梁・母屋などの鉄骨パーツをボルト組みで施工していきます。構造の水平と垂直を確認しながら重機(ユニッククレーン)を使ってどんどん建て方が進みます。

まずは鉄骨スカイデッキの土台が完成。設計通りに鉄骨工事が順調に進みます。だんだんとスカイデッキの雰囲気が見えてきますね。

さらに、床材を受ける根太鉄骨、手すりを設置していきます。

手すりはフレーム状に作ってあります。目隠しパネル(ポリカーボネート板)をはめ込めるように下穴を空けてあります。

スカイデッキの床面の写真です。細かいスパンで根太鉄骨を並べます。この上に樹脂製の床デッキ材を敷きます。

これにてスカイデッキの鉄骨工事は終了・・・なのですが、当社では塗装や床材の付帯工事も丸ごと請け負います。

鉄骨スカイデッキ工事 ~塗装工事編~

このスカイデッキのカラーリングは、建物の色に合わせて黒を選択。お客様のこだわりです。存在感があって、かといって主張しない落ち着いた佇まいになりました。

鉄骨スカイデッキ工事 ~床工事編~

床材にもオーナー様のこだわりがありました。サンプルをご用意して、納得いただいた樹脂製のデッキ材を導入。通常の樹脂スノコとは異なり、外観も強度もハイグレードな床材デッキです。

ウッディな外観でありながら、メンテナンス性に優れた樹脂製のデッキ。現地でカットしながら並べていきます。

デッキ材は、根太鉄骨に対して専用ビスを使って1枚1枚取り付けていきます。千鳥状に施工していきます。完成までもう少し。

完成!フルオーダーの鉄骨スカイデッキ!

完成しました!フルオーダーの鉄骨スカイデッキです。

「いいでしょこれ」とオーナー様がご用意した照明器具が並んでいます。夜になるとすごく幻想的になります!

床面積は約50平米なので、お子さんも走り回れるじゅうぶんな広さがあります。生活シーンがぐぐっと広がりますね。

建物と鉄骨のすき間は約5cm空けてあります。

地震のようなインパクトがあってもスカイデッキと建物はそれぞれ独立しているので、揺れモーメントを分散できて安心です。この辺りもフルオーダーならでは。一期一会のアイデアを使っています。

建物の2階バルコニーの一部を解体して、新設したスカイデッキと緊結します。プライベート空間が大幅に広がって、見晴らしのよい展望台が完成しました。

手すり部分の目隠しパネルには、同じく黒色のポリカーボネート板。こちらもオーナー様もこだわりが光ります。実は黒色のポリカーボネート板って高額なのです。しかし「いや、ここは黒でいこう」とオーナー様。実際に貼ってみればこの重厚感。大成功ですね。オーナー様のセンスに拍手!

これで鉄骨スカイデッキ工事は全て完工。オーナー様も大満足でした。当社としても、とてもやりがいのある鉄骨工事となりました。

鉄骨スカイデッキの特徴は重厚感があり、かつシャープな印象を与えられること。鉄工所だから可能な「直接設計」「直接施工」「工事アイデア」「適切価格」で実現できた【本物の】鉄骨スカイデッキを自信を持ってご提供します。ご用命いただきありがとうございました。