鉄骨構造物を長持ちさせる秘訣?鉄骨改修工事にまつわるお話。


アパートの鉄骨造の廊下がサビてボロボロだとご連絡をいただきました。このような鉄骨構造物の耐用年数を聞かれることがありますが、ざっくりいうならば

「塗装を5年に1度塗り替えていれば、鉄骨は30年以上長持ちします」

もちろん、環境(海が近いとか、日蔭だとか、防水に未対応など)によって腐食具合は変わってきますが、この「塗り替え」が大事です。塗装は見栄えの問題もありますけど、塗装は鉄骨のコーティングをしていると思ってくださいね。

しかし!ここでまた大事なことを言います。

「ただ鉄骨の上から塗装したのなら効果はないです」

よく鉄骨に穴が空いているのに上からテープを貼って隠し、その上から塗装しているものを見ます。これ、完全にアウトです。むしろ鉄骨の腐食スピードをあげている可能性があります。


鉄骨改修工事は生き物を相手にするように臨機応変な対応が必要です。

写真では廊下の胴差し(廊下の縁の鉄骨部分)だけをボンデ鋼板で補強しているように見えますが、実際には同時に廊下を支えるプレートを補強したり、柱などの構造材を補強したりして、状況に合わせて的確な修理補強をしていくのです。


もちろん、最初からやり直す選択肢もあるでしょう。でも、それはアパートオーナーさんが本当に望んでいることでしょうか。

アパート本体を10年後に建て替えることを考えているオーナー様に、30年もつ鉄骨建て替え工事の提案することは適当なのでしょうか

すごくわかりやすい問題提起です。鉄骨はしっかり面倒を見れば、それだけ応えてくれます。居住者の方たちがケがなどしないよう、低コストも考えながら、鉄骨改修できる方法を一緒に考えましょう。