螺旋階段と鉄骨階段の設計上の違いが簡単にわかる。


螺旋階段は真っ直ぐな鉄骨階段とは設計からして違います。全体の階高、ステップの数(割り付け)のほか、螺旋階段の設計で条件となるのは「それで頭がぶつからないか」です。

螺旋階段を使って登るとき、あるいは降りるとき、すぐ真上(頭上)にステップがある場合がありますよね?ステップの割り付けをするとき、

頭をぶつけないような有効な高さを維持できているかも確認しながら設計していきます。

有効な高さがない場合どうなると思います?そうです。頭をぶつけてしまいます。

また、螺旋階段のステップの幅も通常の鉄骨階段のそれとは異なります。例えば

ステップの横幅が750mmの普通の鉄骨階と同じ幅で作った螺旋階段では、実際の有効幅が変わってしまうのです

(そもそも階段の有効幅については法規制で決まっていますが、ややこしくなるのでここでは触れません)

なぜならば、それは螺旋階段の構造に特徴があるからです。螺旋階段の芯柱(真ん中の背骨のような鉄柱部分)があるために、あまりセンター寄りに歩けなくなります。また、ステップの外側ギリギリに歩けません。

つまり、

人は螺旋階段は無意識にステップの真ん中を感覚を頼りに昇り降りします。

このため、螺旋階段を設計するときは有効幅500mm(片側通行・芯柱別・手摺別として)くらいは欲しいですね。あ、それと今回の螺旋階段のように溶融亜鉛メッキにするケースが出てくると思います。この場合は、溶融亜鉛のメッキ槽(風呂桶のようなもの)の大きさに合せて設計する必要があります。

溶融亜鉛メッキのメッキ槽に漬ける場合は、螺旋階段の直径が1200mm以内で作らないといけません

(一体で工場加工する場合)。

もちろん、サビ止め(あとでOP仕上げなど)の場合はもっと大きく作れるし、ノックダウン式、或いは両側通行で作るなればもっと大きく作れるわけです。(うちみたいな鉄工所ではバカでかいのは作れません)


長くなってしまいましたが、これが螺旋階段と普通の鉄骨階段の設計上の違いです。でもまず第一は「住まう人がどう使いたいのか」が出発点です。


螺旋階段ありきの話はナンセンス(デザイン先行とかながら別)!簡単に付け替えたりできるものではないのでじっくり考えていきましょう!