アパートのグレードアップに効果てきめんの特注看板!

「かっこいいアパート看板が欲しい」

ある日、あるアパートオーナー様からご相談をいただきました。「今度アパートの外装を変えるんですよ。なので、かっこいいアパート看板が欲しいんです」と。

ご来社いただきスケッチを描きながら「こんな風にしたいんですよ~」と嬉しそうに語るオーナー様。なるほどこれは腕が鳴る・・。アパートのグレードアップに効果のある特注看板を作りましょう!

厚みが違う。触ってわかる重厚感。

通常のステンレス看板の厚さは1.2ミリくらい。既製品だと1ミリのものもありますが、このステンレス製のアパート看板は厚さ1.5ミリを使用しています。

存在感がまるで違いますよ。厚みは見ても触っても違いがわかるほど重厚感が増します

今回のオリジナル看板は、「先に建物に取り付ける下地パーツ」と「看板本体」に分かれて作られています。先に下地パーツを建物に取り付けて、次に看板本体を下地パーツにかぶせてビスで固定しています。

このことで正確な施工ができ、また、この看板が壁にぺたっと着いているように見えるのです。また、ビスを左右側からしか固定しません。なぜだと思いますか?上からビスを固定すると、そこから水が入ってしまうからです。

エッチング加工ってなに?

このアパートのお部屋は3世帯。それぞれのインターホンが個別に収まるよう、別々にレーザーカット溶断で開口してあります。また、部屋番号やアパート名前などはエッチング加工しいます。

エッチング加工とは着色したい部分を特殊な溶液で溶かし込み、表面にできた掘り込み部分(コンマ数ミリ!)に塗料を流し込んで着色する方法です。

このような着色方法をウェットエッチング加工といいます。(イオンやラジカルを母材(対象となる鋼材)に当てることでエッチングをするドライエッチング加工もあります)

エッチング加工の特徴とは

エッチング加工の魅力はその仕上がり。なめらかな美しさ。カッティングシートのようなシール状のものではなく、着色されたところはやや凹んでいます。

他にも耐候性も高く、カッティングシートやシルク印刷と比べると色褪せしにくいのもメリットです。

デメリットとしては、都度に版下を作る必要があるので費用も納期もかかります。しかしながら写真を見ていただくとわかるように、エッチング加工の仕上がりは格別です。看板としてのグレードはとても高くまた品もあります

特注で作るならじっくりホンモノを作りたい

今回のオーダー金物は、アパートのグレードアップに使えるアイテムとして、ステンレス製の特注看板をご用意しました。

ここまでの特注製品になると、製作の段取の前に電話のやりとりではなくご来社いただいたり、設計図をしっかり起こすなどして、ホンモノの特注製品を腰を据えて作りたいです。

もちろん電話でのやりとりも可能ですが、私たち鉄工所はご依頼主さんの顔を想像しながら作ったりする不思議なキャラクターなので、ぜひお会いして一緒に素敵なものを作りたいと思ってしまう性分です。