だいたいいくら?スチール製フラットバー手摺

「だいたい、いくらぐらいするの?」本当に多くお電話でいただくお問合せです。同じようなものであっても、ふたつと同じものを作らない私たちにはすごく難題なご質問なのですが、わかる範囲でお答えできればと思います。

「だいたいいくら?フラットバー手摺」→1Mあたり4万円くらいでしょうか。

すごく乱暴に費用をお答えするならこんな回答になるかもしれません。とはいえ、いい加減にお答えしているわけではありません。根拠はあります。

このようなフラットバー手摺で焼付塗装をする場合で考えるとまず「材料」ですが、フラットバーという鋼材を卸します。

一般的な鋼材は「定尺(ていじゃく)」といって、一定の長さを規格として販売しており、長さが5.5Mや6Mなどです。たとえ、今回の手摺の長さが1Mであっても、5.5M以上のフラットバーを購入しなくてはなりません。

このことから材料費については「用意する材料の歩留まり(ぶどまり)」によって大きく変動してきます。※歩留まりとは、使用する量と購入する量のバランスです。

ある程度の長さになると製作費用は割安になる。

例えば木製の階段のフラットバー手摺を作るとします。長さは総じて4Mくらいでしょうか。材料の歩留まりとしては、ほかにも支柱や中桟も用意しなくはなりません。

また、焼付塗装ではフラットバーは「磨き材」というものを使います。焼付塗装の薄い皮膜に対してもキレイに塗装が仕上がるためです。ただこの「磨き材」は定尺が4Mです。

今回のフラットバー手摺だけを考えた場合は、この「4M」が歩留まりの基本になってきます。

また、工場での加工費用についても、手摺のM数が3Mくらいのものと、10Mのものでは、製作費用のM単価も変わってきます。

工場の中ではいろいろなものを同時に作っており、効率よく制作を進めるには、ある程度の長さがあった方が見通しも立ち、製作の段どりも良くなるので製作費用に影響を与えます。

手摺を一本にして搬入できるか?分割しないと搬入できないか?

建物までの搬入経路や搬入方法によっては、手摺を分割して納入しないといけない場合もあります。

大きなサイズだと室内で振り回せないなどの事情によって、手摺を小さくして個別で作り、現地でボルト組み施工が必要な場合は、その分の製作費用がかかります。

手摺の仕様が費用の大きな分岐点。

写真のようなシンプルな手摺の場合もあれば、凝った作りをする場合もありますよね。このような手摺の仕様は材料費用、工場加工費用も含めて千差万別に分かれ、結果的に総額費用も大きく変動してきます。

「支柱や中桟の数や形状」「アール加工」「勾配、水平」「鋼材タイプ」「仕上げ塗装」などなど、オーダー金物の醍醐味は、その選択肢の幅にあります。

これらのことがありまして「だいたいいくら?」のご質問に明確に答えられないのが恐縮ではございますが、1Mあたり4万円くらいが相場かもしれません。防錆塗装にすればもっと安くなります。

「10万単位でいいから教えて!」とお問合せいただくこともあるのですが、基本的には上記のような相場価格でお答えするしかできませんが、何かの参考になれば幸いです。